車庫証明申請書と標章交付申請書がおわると、次は配置図と所在図の記載をすることになる。ここも重要なので、必ず押さえてほしい。

 

なお、このサイトでは「だれでも初めてでも車庫証明が申請できるようになる」ことを念頭に説明するので、あなたがディーラーや販売店で勤務されているような場合は飛ばしてもらって大丈夫だろう。所在図・配置図は東京都であってもどこでもあっても書き方は同じだ。

 

所在図

所在図とは、あなたが住んでいる・または活動しているところと駐車場の位置関係を説明するものだ。

ここで重要なのは、住んでいる・または活動しているところと駐車場の位置が2㎞以上離れると現実的な利用は無理だろう⇒なんかやましいことでもあるんじゃないかということで、よほどのことがない限り受理されない。

この2㎞というのは直線距離なので、所在図ではっきりとわかってしまう。そのため、できれば2㎞ギリギリのところは避けて、余裕のある距離のところを駐車場にしよう。

 

所在図の見本

canvas2

所在図は、手書きでもいいし、最近ではヤフーマップやグーグルマップを使う人もだいぶ増えてきた。

図のように住むところと駐車場をわかりやすくペンなどでマークし、線引で線を引いて、大体の距離を記入すればいい。

今回の図のようにプロっぽく書く必要もないし、稚拙でも担当官はしっかりと受けてくれる。

 

配置図

配置図とは、駐車場の中で、実際にどこがあなたの駐車スペースで、実際にあなたの車はその駐車場を利用できるかどうかを確認するものだ。

canvas

図は東京都の警察署のパンフレットに利用されているものだが、大変良くできていると思う。

①駐車スペース

駐車スペースを図のように赤くマークし、大体どのくらいの大きさがあるのかを縦と横を記入する。あまり正直に記入する必要はないが、あまりにもおおざっぱすぎると突っ込みが入る。

だいたい、車の大きさにもよるが、縦(全長)5.5m、 横(幅)3㎡と記載すればいいだろう。

 

②出入口と道幅を記載する

出入口と道幅も大体で構わないので幅を記載しよう。

最近グーグルマップなどでも簡単に調べられるので大変便利だ。警察署は、一応、この場所を見に行っているということになっているが、東京都の場合は既にデータベース化されていて見に行かなくてもわかるようになっている。

そのため、あまりにも適当に書くと、気の弱いあなただったら「もうちょっとしっかり書いてほしいねえ」とか嫌味の一つも言われるだろう。

 

③周囲の建物を記載する

駐車場の周囲の一回りでもいいので簡単に記載しよう。

民家・コンビニ・ビルなどのおおざっぱなもので構わないだろう。

 

いかがだろうか?所在図・配置図も難しそうだが、ポイントは多くはない。

車庫証明申請では、所在図と配置図が一番の夜まで、ここさえ理解できればあとは使用承諾書くらいだ。

 

 

電話受付